So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

パースピレックスと一般の制汗剤とのちょっと素敵な違い [比較]

パースピレックスと一般の制汗剤とのちょっと素敵な違い

大まかに違いを理解する

誤解なく、わかりやすくするため、
一般の制汗剤を先にして、
違いを説明します。

一般の制汗剤

肌の表面に制汗剤を塗ったり、
スプレーしたりして、
汗が出てくるのを抑えます。

また、においをほかのにおいで打ち消したり、
消臭したりしています。


効果は、即効性があります。

しかし、完全に汗を止めるわけではないし、
周りからも汗が流れてきたりすれば、
肌の表面の制汗剤は流れて行ってしまいます。

加えて、衣服などとの摩擦でも、
制汗剤は取れてしまいます。


だから、効果は長続きせず、せいぜい1日くらいで、
しかも、塗りなおしが必要な場合が多いです。

入浴すれば、もちろん、効果は消えます。


パースピレックス

一方パースピレックスでは、
肌に塗り、
汗腺の奥ににフタをして、汗そのものを止めます。

例えば、脇に塗っていた場合、
ジョギングをして、
体中汗だらけになっても、
脇だけは、サラサラ!

これは、驚きますよ。


また、汗そのものを止めますから、
ワキガなどの汗によるにおいは、
でてくるはずがありません。


欠点は、即効性がないことです。

塗っても、効果が出てくるまで、
通常は数日かかります。

その代わり、効果が出たら、
その効果は3~5日程度続くので、
真夏でも、1週間に2・3回塗るだけで済みます。

※新しい手足用のパースピレックスでは、
10日近く汗を止めるらしいです。


また、汗腺の奥に角栓のフタを作るので、
乾いた後は、スポーツで汗まみれになっても、
入浴しても、
効果は落ちません。

ちょっと考えてみたんですけど・・・

パースピレックスは、一般の制汗剤と違って、
乾いた肌に塗って、塗ったのが肌の奥に浸透した後、
表面を洗い流します。

そして、無香料。


だから、極端な話、
塗ったところの、
においをかいでも、
舐めても、
塗ったのが、わからない!

ちょっと、素敵!
そう思いませんか?

私だけかなあ・・・

大まかにご説明しましたが、
いかがでしたか?

もし、パースピレックスを、
もっと詳しくお知りになりたい方は、
下記から、公式サイトをご覧ください。

わかりやすいですよ。
特に脇用のページのビデオがおすすめです。

★手汗、足汗でお悩みの方
>>手汗、足汗もう悩まない!【デトランスα】 <<

今、ここからなら、初回限定40%OFF!
更にお得な2本セット48%OFF!もあります。




★ワキガ、脇汗でお悩みの方
>>ワキガ、ワキ汗、もう悩まない!【デトランスα】 <<

今、ここからなら、初回限定40%OFF!
さらに、特別に「敏感肌用」をお試しプレゼント中!
<注意>
当サイトを経由せず、 直接公式サイトからお申し込みの場合は、
「敏感肌用」のプレゼントはありません。




※「デトランスα」は、
ユーアップ社でのパースピレックスの販売名です。

※2017年春現在、日本へのパースピレックスの入荷は、
ここでご紹介の「デトランスα」だけです。


タグ:違い 制汗剤

制汗剤パースピレックス!入荷再開しました! [その他]

2017年春、
制汗剤パースピレックス!入荷が再開されました!

★手汗、足汗でお悩みの方
>>手汗、足汗もう悩まない!【デトランスα】 <<

今、ここからなら、初回限定40%OFF!
更にお得な2本セット48%OFF!もあります。




★ワキガ、脇汗でお悩みの方
>>ワキガ、ワキ汗、もう悩まない!【デトランスα】 <<

今、ここからなら、初回限定40%OFF!
さらに、「敏感肌用」をお試しプレゼント中!



※「デトランスα」は、
パースピレックスの一製品名で、同じものです。


制汗剤パースピレックスが手に入らない? [その他]

2016年9月、パースピレックスの入手が非常に困難になりましたが、
2017年春、かつて日本へのパースピレックスの入荷の主要製品であった、 デトランスαが、入荷が再開されました。

下記記事は、かつての参考のため、
残しておこうと思っています。

2017/5, 2016/11 edited.

2016年10月現在、
制汗剤のパースピレックスが、
非常に手に入りにくくなっています。

そして、パースピレックスの価格も、
一気に跳ね上がっています。

なぜ、パースピレックスが手に入りにくい?

日本に出回っているパースピレックスのメインは、
今まで香港で製造されてきたデトランスαでした。

ところが、この香港の工場(会社)が水害に遭い、
デトランスαが全滅し、
更に復旧の見込みが立っていないからなのです。


パースピレックスの主な供給が断たれ、
しかも、回復の見込みも立たない!

だから、パースピレックスが出回らなくなっただけでなく、
価格も一気に3倍以上に跳ね上がっているのです。


パースピレックスは、世界27か国にパートナーの会社があるので、
いずれは、他の国からの供給で補われるとは思いますが、
当分は、高価格に我慢しなければならないでしょう。


記事作成時点では、
楽天等では手に入りません。

Amazonでは、かつての3倍以上の価格になりますが、
製品によっては、購入できる場合もあります。

ただ、これくらい高価格になると、
一回ならともかく継続使用はむつかしいかと思います。

さらに言うと、
特に、今回全滅したデトランスαの名前で販売されているもには、
要注意かと思います。

というのは、デトランスαを日本に輸入代行の形で販売していたユーアップ社では、
しばらく前から「デトランスα」の注文に対し、
「パースピレックス」の表示のものを販売・送付していたからです。

ということは、現在「デトランスα」の名前で販売されているものは、
かなり古いものの可能性があります。

2016年11月時点で販売されている製品には、
価格だけでなく、製造日や保管状況など、心配することが多いのです。


幸いにも、制汗剤の需要が少ない時期になったので、
しばらくの間、安全性を考えて、
パースピレックスのご紹介は中止します。


もし、どうしてもパースピレックスが必要な方は、
開発・製造元のデンマークの「Riemann」社や、
フランスのCooper社(デトランスピランの名で販売)などに直接申し込むか、
輸入代行業者に頼むか、
したほうが良いと思います。

この辺りは、残念ですが、お手伝いできません。
※医薬品の個人輸入になるので、
誰かがまとめて購入し分け合うことは、
法律で禁止されています。


デトランスαは初回に大幅な割引があり、
お勧めしていました。

楽天などで、
普通の価格で購入できるようになったら、
またご案内したいと思っています。

- 2016/11/23 記事修正 -
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:美容
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。